研究成果・リソース

高等教育とモビリティ (センタースタッフ)

ワーキングペーパー

論文

著書

  • クリフォード・アデルマン,松塚 ゆかり(2016)「アメリカ合衆国―何処から来て,何処に行くのか」松塚ゆかり編『国際流動化時代の高等教育』第6章,ミネルヴァ書房
  • ベルナール・ユゴニエ,松塚 ゆかり(2016)「流動性と仮想性 ―「ムークス」がひらく高等教育の変容と機会」松塚ゆかり編『国際流動化時代の高等教育』第10章,ミネルヴァ書房
  • アガタ・ペルシニャク,松塚 ゆかり (2016) 「ポーランド―エラスムス計画の拡大と検証」松塚ゆかり編『国際流動化時代の高等教育』第3章,ミネルヴァ書房
  • 松塚 ゆかり(2016) 「人材国際流動化時代の大学改革―地域比較・事例研究によるアプローチ」松塚ゆかり編『国際流動化時代の高等教育』序章,ミネルヴァ書房
  • ミャグマル・アリウントヤ(2016),「モンゴル―高等教育改革と海外人材育成の模索」松塚ゆかり編『国際流動化時代の高等教育』第5章,ミネルヴァ書房
  • 苑 復傑 (2016) 「東アジア高等教育圏をめざして―中国・日本・韓国」松塚ゆかり編 『国際流動化時代の高等教育』第4章,ミネルヴァ書房
  • 松塚 ゆかり(2014)「欧州高等教育圏構想にみられる人的資本計画の世界的波及性」大芝亮編『ヨーロッパがつくる国際秩序』第10章,ミネルヴァ書房
  • 松塚 ゆかり(2012)「EU人的資本計画の動向―基準共有と高度人育成・獲得のメカニズム」樋口美雄・加藤千鶴編『国際比較から見た日本の人材育成―グローバル化に対応した高等教育・職業訓練とは』日本経済評論社
  • 苑 復傑(2005)「中国の高等教育政策-重点化・市場化・グローバル化による発展戦略-」武内清編『大学とキャンパスライフ』 第8章,上智大学出版社

報告書

  • 苑 復傑(2015) 「日中における留学生のモビリティーとその課題」 『未来志向の関係構築における日中青年交流のあり方』東アジア共同体評議会,12-23頁
  • 苑 復傑(2014) 「日中の留学生交流の展望」『未来志向の関係構築における日中青年交流のあり方』東アジア共同体評議会, 49-52頁
  • 苑 復傑(2011) 「東アジアの留学と留学生政策-日・中・韓の視点から-」 『アジア・オセアニアにおける留学生移動と教育のボータレス化に関する実証的比較研究』文部省科学研究費報告書(基盤研究(B)),杉村美紀(研究代表者),9-17頁
  • 加藤 真紀・茶山 秀一(2010)「大学院進学時における高等教育機関間の学生移動;大規模研究型大学で学ぶ理工系修士学生の移動機会と課題」『文部科学省科学技術政策研究所調査資料』 174?
  • 加藤 真紀・角田 英之(2009)「日本の理工系修士学生の進路決定に関する意識調査」『文部科学省科学技術政策研究所 調査資料』 165
  • 松塚 ゆかり,森川 由美(2009)『留学生教育を支える基盤:政策課題経費研究報告』大学教育研究開発センター,序章
  • 松塚 ゆかり,白松 大史(2009)「留学の目的,満足度,9月入学 ―留学生アンケートの定量分析から」『留学生教育を支える基盤:政策課題経費研究報告』大学教育研究開発センター,109-129頁
  • 苑 復傑(2009) 「アモイ大学の国際連携教育プログラム」 『アジアにおける地域連携教育フレームワークと大学間連携事例の検証』文部科学省平成20年度国際開発協力サポートセンター・プロジェクト, 第2部3章,97-105頁
  • 苑 復傑(代表者)(2006) 「中国における国際水準大学形成政策の構造と機能に関する研究」文部省科学研究費報告書(基盤研究(C)), 1-66頁

講演会・査読付発表

チューニング (センタースタッフ)

ワーキングペーパー

論文

著書

論考・記事

報告書

講演会

チューニング (外部リソース)

論文

著書

報告書

講演会

IR (センタースタッフ)

論文

報告書

講演会

  • 松塚ゆかり(2008) 「大学における教育と学習データの分析法」東京大学・大学経営・政策研究センター政策ワークショップ,東京大学(招待講演)

その他(センタースタッフ)

論文

  • Shinzato,Takashi and Muneki Yasuda. 2015. “Belief Propagation Algorithm for Portfolio Optimization Problems.”PLoS ONE 10 (8):e01349682015.
  • Shinzato, Takashi. 2015. “Self-Averaging Property of Minimal Investment Risk of Mean-Variance Model.”PLoS ONE 10 (7):e0133846.
  • 新里隆 (2015) 「平均分散モデルの最適解の自己平均性を用いた理論解析」『京都大学数理解析研究所講究録』1912,26-34頁
  • 姜東暁,新里隆,星野満博,張人千,郭偉宏 (2014) 「分枝限定法による 2 次新製品設 計モデルとその 1 次等価変換の最適化解析」『日本経営工学会論文誌』 65(1), 9-16頁
  • ミャグマル アリウントヤー(2014)「ベラルーシ共和国の教育制度」『ロシア・ユーラシアの経済と社会』29(11), 28-39頁
  • Myagmar, Ariuntuya. 2014. “Noteworthy ECCD Practice in Rural Disadvantaged Villages of Vietnam.”Asia-Pacific Regional Network for Early Childhood (ARNEC). Research Brief Series (2): 20-32.
  • 若井亮介,新里隆,嶋崎善章 (2014)「ランダム行列を用いたポートフォリオ最適化解析」『日本経営工学会論文誌』 65(1),17-28頁

PAGE TOP