イベント・報告

国際シンポジウム『グローバル人材におけるアーツとサイエンス — 国際流動化時代の大学教育 —』

 国際シンポジウム
 『グローバル人材におけるアーツとサイエンス — 国際流動化時代の大学教育 —』

開催のご案内

Poster   
日時
2014年11月20日(木) 14:00~17:40 (13:30 受付開始)
場所
一橋大学 一橋講堂
所在地:東京都千代田区一ッ橋2-1-1(アクセス・地図案内
参加費
無料
申込み
たくさんの方のご来場、誠にありがとうございました。
詳細

  グローバル化が進み日々変容する知識基盤社会においては、高度な教養を備えた柔軟で適応力に富む人材が求められると言われます。近年、英国をはじめ海外有数の大学が高度なアーツとサイエンス教育に注力しているのはそのためです。
  今、企業や社会は大学に対してどのような教育を期待しているのでしょうか。海外の大学は教育の国際化と高度化を推し進める上で、どのような目標をかかげ、どのような具体的実践を講じているのでしょうか。
  日本の財界と芸術界のトップを迎え、またアーツとサイエンス教育で先端を行く海外有力大学の取組代表者を講師として、グローバル化時代に求められる人材像を明らかにし、社会の信頼に応える大学教育のあり方を探ります。

プログラム
司会:松塚ゆかり (一橋大学森有礼高等教育国際流動化センター教授・副センター長)
【挨拶】
山内 進 (一橋大学長)14:00~14:10
【第1講演】
北山 禎介 (三井住友銀行会長)
 「企業が求めるグローバル人材と教育への期待」14:10~14:40
【第2講演】
青木 保 (国立新美術館館長)
 「グローバル化の中の大学と文化」14:40~15:10

  —  休憩  —15:10~15:20
【第3講演】
Frances Cairncross (Rector Emeritus, Exeter College, Oxford University)
 「国際社会を生きる若者にとって有効な教育とは:世界の大学が直面する試練」15:20~15:50
【第4講演】
Carl Gombrich (Director, Arts and Sciences Programme, University College London)
 「複雑化する国際社会における『自由教育』:解放への挑戦」15:50~16:20

  —  休憩  —16:20~16:30
【パネル討論】
司会 足羽與志子(一橋大学社会学研究科教授) パネリスト
  北山 禎介, 青木 保, Frances Cairncross, Carl Gombrich, 井上 間従文(一橋大学言語社会研究科准教授),
  György Nováky(Uppsala University・一橋大学森有礼高等教育国際流動化センター教授)16:30~17:40
*日英同時通訳がつきます。
お問合せ先
一橋大学 森有礼高等教育国際流動化センター  電話 042-580-9234

PAGE TOP