学生・研究者・高度人材の国際流動を促進する教育基盤の形成

学内向け情報

新着情報

  • 調査研究
    2017年6月

    ワーキングペーパー3本を掲載しました。うち1本は2015年度コンピテンス調査データを活用したものです。

    研究成果・リソース

    →「経済学カリキュラム科目の重要度と習得度:日本の大学関係者によるコンピテンス認識を通じて

    →「短期留学の効果:ランダム割当による留学データを用いた実証分析

    →「複数の学術領域におけるコンピテンス概念把握の試み

  • 採用情報
    2017年6月

    講師又は助教を1名募集します。(応募締切:平成29年9月29日(金))
    本件に係る募集要項は以下の通りです。

     本学HP → 教職員採用案内募集要項

  • イベント
    2017年6月

    6月19日(月)に、エセックス大学のYasemin Soysal教授が、東アジアおよびヨーロッパの⼤学教育のグローバル化、学⽣のモビリティ等についての近著をもとに、最新の研究成果を報告します。
    開催案内

  • イベント
    2017年3月

    3月29日(水)に、中国でチューニング事業を運営・研究する中国教育部の事業代表者をお招きして,中国-EU TUNING共同研究プロジェクトの進展と成果について講演会を開催しました。
    講演資料

  • イベント
    2017年2月

    2月1日に、ベルギーのルーヴェンカトリック大学(KU Leuven)の研究者の方々及び本学経済学研究科の岡室博之先生をお招きし、双方の大学における長期留学の効果に関する意見交換会を開催しました。

  • 調査研究
    2016年12月

    「グローバルに問われる能力:社会が求める大学教育をめざして」調査が始まりました。調査参加を依頼された方は、ご協力よろしくお願いいたします。
    →終了しました。ご協力いただき、誠にありがとうございました。

  • 調査研究
    2016年9月

    2015年度「グローバルに問われる能力:社会が求める大学教育をめざして」調査(コンピテンス調査)の報告書を掲載しました。

    研究プロジェクト

  • 調査研究
    2016年6月

    2014年度コンピテンス調査データを活用したワーキングペーパーを掲載しました。

    研究プロジェクト →「専門と汎用コンピテンスの関係:日本の複数大学調査に基づく実証分析」

  • お知らせ
    2016年6月

    ホームページをリニューアルしました。

    研究成果・リソース

    森有礼について   イ・ヨンスク(一橋大学大学院言語社会研究科教授)によるエッセイ「孤独な言語思想家、森有礼」が掲載されました。

  • お知らせ
    2016年6月

    人材の国際流動化にともなう大学の変容を、国際比較と事例研究を通して明らかにした『国際流動化時代の高等教育』が、本センターの教員他国内外の研究者の共同執筆によりミネルヴァ書房から出版されました。
    出版案内

  • 講演
    2016年6月

    コンピテンス調査の可能性と課題について、歴史学における調査結果と欧州の活用事例を中心に日本学術会議で報告しました。
    講演資料

  • イベント
    2016年3月

    3月24日(木)に、中国でチューニング事業の一環としてコンピテンス調査をとりまとめた北京師範大学の劉寶存教授が、EU-China Tuning Project 並びにコンピテンス調査の結果について講演しました。
    講演資料

  • イベント
    2016年3月

    3月17日(木)に、第2回「ダブルディグリーに関する勉強会」を一橋大学国際・公共政策大学院と共同で開催しました。

  • イベント
    2016年1月

    1月20日(水)に、「ダブルディグリーに関する勉強会」を一橋大学国際・公共政策大学院と共同で開催しました。

  • 一橋大学 国際化推進本部
  • 国際教育センター・国際化
  • 一橋大学 大学教育研究開発センター
  • 大学間連携推進事業

PAGE TOP